便利に活用しながら賢く税金と向き合う方法とは

>

税金を便利に使いこなす方法とは

ふるさと納税で賢く税対策

近年大人気のふるさと納税は、まさに楽しく賢く税金を納める方法です。
税金と言っても寄付のようなシステムですから、金額も比較的安価で誰でも取り入れやすいシステムと言えます。
ふるさと納税の良さは、返礼品もそうですが、その税金を自治体の活性化のために活用できるところです。
取り沙汰されることの多いふるさと納税は返礼品の部分が多いですが、この納税は地域の活性化に活用されるお金です。
その部分を着目してみると意外と面白いものです。
温泉施設の改修費用に充てるなど、自治体によって様々ですが、自分が寄付した税金で改修された温泉施設に遊びに行けば「自分もここに携わった」という母心が芽生え、嬉しくなるものです。
税金の使い道が明確だからこそ、寄付しがいがあるというのがふるさと納税の良さと言えます。

確定申告も便利になった

ふるさと納税についてもう一つ便利な面が増えました。
それは従来はこの納税に関しては、収めた本人が確定申告し、還付を受けるという手続きを踏んでいました。
しかしふるさと納税の普及によって、もっと簡単に便利に納税できる環境の改善が進み、特定の数字以内の自治体への納税なら確定申告せず税額控除の手続きを進めることができるようになりました。
これをワンストップ特例と呼びます。
簡単に説明すれば納税した人の情報が、寄付をした自治体から納税した人が住む自治体に送られて、翌年分の住民税の減額になるというシステムです。
これによって住民税が減額され、さらに返礼品によって嬉しい思いをするということになります。
減税方法は賢いだけでなく嬉しい効果がある方が長続きしそうです。


シェアする