便利に活用しながら賢く税金と向き合う方法とは

>

自分の環境に見合った賢い税金対策法を知る

子供の年代に合わせた税金

お子さんのいるご家庭では、扶養家族がいることで収入に対する所得税や住民税が幾分か控除されているでしょう。
扶養控除があることで子供だけでなく、専業主婦及び主夫も配偶者控除の対象になり、税金が安くなっています。
独身独り身のご家庭よりもかかる税金や費用がある分、こうした控除が存在しているのです。
扶養控除ができるのは16歳以上の子供です。
ここでポイントなのですが2011年以前は16歳未満も対象でした。ですから少し古い考えの方なら「子供は誰でも扶養控除」と思っているかもしれません。
ここが税金のポイントでもあります。
16歳未満の子供がいるご家庭では児童手当の申請をしているでしょうか。
年齢によって金額が異なりますが、子供の年代によって受けられる支給も存在しているのです。
申請すれば子供一人に対して役所からの支給があります。

医療控除を上手に活用

医療費にかかる税金も見逃せません。
医療費の控除を利用したことがある方ならご存知のことでしょうが、控除を受ける際には待っていてはいつまでも控除になりません。
所得税の還付申告が必要になります。
医療費控除とは医療費の負担が多くなった場合に、その負担を治めた税金で払い戻すというシステムです。
そしてこの控除とは5年間申請可能なのです。
例えば大きな病気をした場合、年間の医療費が10蔓延を超えるということは十分あり得ます。
そして病気療養期間中、申請できる状態にないという場合も考えられます。
「もう次の年になっちゃったし諦めるか」と考えてしまっては勿体ないのです。
確定申告と関係なく5年間申請可能なのですから、医療費にかかった領収書は大切に保管し、申請期間内に還付申請すれば安心です。


シェアする